配偶者と合算する年収

キャッシングを利用できるようになれば、より安心して生活することができます。家族が増えると出費も重なりますし、夫婦でキャッシングを考えている方もいるでしょう。

 

しかし、夫婦でキャッシングをするには、妻の収入の問題などもあります。そこで、その問題を解決する一つの方法を知っておきましょう。

 

片方が専業主婦の場合、収入が入ってこないのでキャッシングを利用することは厳しくなります。利用できるキャッシングがないわけではありませんが、それでも選択肢の幅は大きく狭められることでしょう。パートをしていたとしても、大した金額を借りることはできないかもしれません。

 

そこで、夫婦合算という方法を選んでみましょう。この夫婦合算とは、夫婦の収入を合計することによってキャッシングの総量規制の上限を上げてしまおう、という方法です。総量規制は年収の3分の1しか利用することはできませんが、夫婦で合わせることでさらに高く設定できるはずです。もちろん、専業主婦の方でもキャッシングを利用できるようになります。

 

夫婦で協力してキャッシングを利用して、家族生活に役立てましょう。子供がいる家庭は何かと入用ですし、キャッシングがあればとても助かるはずです。

 

ただ、制度として配偶者貸付で専業主婦が借りられるようになっていても、実際には大手の消費者金融では専業主婦への融資はほとんど行っていません。専業主婦が借りるなら金利面でも安心ができる銀行の専業主婦ローンを使うと良いです。