自らの返済能力内で借りる

勤めている会社に借金がバレてしまっては困ると思うのは会社勤めの人は誰でも思う事でしょう。自分自身の問題で会社に迷惑をかける事だけは絶対にしたくない、その気持ちは社会人としてとても大切なルールであり、人として守りたい事です。

 

キャッシングを利用する事で会社に迷惑がかかってしまう事はないだろうかと不安な人もたくさんいると思いますが、本来キャッシングは個人がする事であり、会社に迷惑をかけてしまうような事はありえない事です。しかし、一番心配すべき問題は借りたお金の返済が出来なくなってしまった時の事です。

 

保証人ではないので会社に代わりに返済をしろ等と言う事は勿論ありませんが、返済がされていない事が確認出来、本人との連絡もまともに取れない状態となれば必ず会社に電話連絡が来てしまいます。1度や2度の連絡なら良いですが、頻繁に電話が来るようであれば会社としても私用電話ではないのでとても迷惑を感じる事となってしまうのです。

 

返済が出来ていないような状態となれば、仕事にも身が入らなくなってしまったり、会社に給料の前借りを頼むような事も起きてしまう可能性もあり、従業員としての信用面でもマイナスになる可能性が高いです。

 

信用していた従業員がキャッシングを利用した事により問題が出てきてしまう事こそが、会社に一番迷惑をかけてしまうという事なのです。

 

会社に迷惑をかけずにキャッシングを利用する為には、給料内で無理なく返済出来る範囲の借金に抑える事と、返済日を忘れたり遅れたりしないようにする事が大切です。万が一返済が遅れてしまいそうな時には、自ら消費者金融に事前に連絡を入れて相談する等、会社に電話連絡がいってしまう前に自ら行動する事も大切です。

 

低金利の時代の新しいプロミスの武器

銀行のカードローン、特にネットバンクのカードローンが増えてきて低金利に関してはこちらに敵わなくなってきました。

 

消費者金融の金利の決して高いというわけではありませんし、少し前よりも安くはなっていますが、やはりどうしても低金利面では押されがちになっているように感じます。

 

金利面も例えば安いと有名なプロミスは4.5%~17.8%となっていますが、ネットバンクでは15%を切るのは当たり前で、中には10%ちょっとという所もあります。こうなるととても金利面では太刀打ちできませんから別の面でプロミスなどの消費者金融は勝負するようになりました。

 

それが審査です。プロミスの審査はWEBからできて、しかも携帯電話があれば本人確認書類の提出も済ませることが出来ます。

 

プロミスの良さはこの審査の速さです。「即日融資」良いう言葉を聞いたことある人も多いでしょうが、今時代は即日融資というよりも1時間以内で融資というのが主流です。

 

プロミスの審査は最短で30分程度とされます。個人差はありますし、すべての人が審査合格するわけではありませんが、いずれにしても審査スピードは速くなっています。

 

そのスピード審査こそがプロミスが選んだ次の時代への武器なのかもしれません。